プロジェクト・ネーミングのつけ方イメージ

当サイトについて

当サイト『プロジェクト・ネーミングのつけ方』は特定の施設、団体とは関係のない個人が運営しています。

『プロジェクト・ネーミングのつけ方』の文章や画像等の無断転載、複製・配布等は固くお断りいたします。

このページの内容もしくはリンク先で発生した賠償・苦情・損害等のトラブル、また当サイトで知り得た情報に対して、何らかの障害等が発生しても一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

プロジェクト・ネーミングのつけ方区切り線

プロジェクト・ネーミングのつけ方は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングのつけ方:常識的且つインパクトがあるネーミング

ネーミングを付けるとき、もちろん「人の記憶に残るインパクト」が残る様なものを付けるのは大切なことなのですが、たとえインパクトがあっても、「常識的に許されない様なネーミング」をつけることはNGです。 海外芸能人だと、「多少非常識でトラブルめいていることでも、インパクトがあれば話題になって売れる」と言うことがありますが、日本では「非常識」と言うだけでマイナス要素にしかなりません。 たとえ「多少のトラブルが予想できても、インパクト重視で売り出す」と言う方を選んだ場合、最初は話題性で売れたとしても、徐々に人気が下降すると「トラブル」「非常識」と言う面のみがクローズアップされる様になりがち。 そうなると、せっかく熟慮して世の中に出したプロジェクトが「最初だけ売れて、後は下降気味になって終わってしまう」・・・・

ページの先頭へ戻る