プロジェクト・ネーミングのつけ方イメージ

ネーミングつけ方のポイント

初めて聞いた人でも忘れない様なものを

ネーミングをつける時のポイントに「初めて聞いた人の印象に残る様なもの」と言うのがありますが、これが意外と重要なポイントになります。

とにかく初めて世の中に出す商品は「インパクトがあり、覚えてもらうことができる様な工夫」が何よりも大事なんです。

スーパーやコンビニを見るとたくさんのお菓子がある様に見えますが、「チョコレート」「スナック」「キャンディ」など商品別に分類していくと「決して種類は多くない」と言うことが解ると思います。

毎年毎月、色々なメーカーやブランドから多くのお菓子が販売されますが、その中で「次の年も継続して販売されるもの」は本当に一握りだと思って下さい。

プロジェクトを経て世に出た商品が、継続して売れることはもちろん大切なことなのですが、それをするにしても「まずは名前を覚えてもらう」と言うことが重要です。

芸能人でもそうですが、内容がどんな充実していて良いものでも、名前が覚えにくかったり個性がなかったりしたら覚えてもらうことができません。

物でも人でも、最初はまず「名前を覚えてもらうこと」から始まりますし、最初の段階でそれをはずしてしまうと「見てもらうことができない」と言うことにも繋がりますので、やはりネーミングは大切なのです。

初めて聞いた人に覚えてもらうには、まず「耳障りのいいフレーズにする」こと。

リズム感があり、その時流行しているフレーズやヒット商品のことを盛り込むのも大事ですね。

一時期、肌に含まれる「コラーゲン」のサプリメントが流行しましたが、これにあやかって「コラーゲン」を含んでいたり、「コラーゲン」がネーミングの中に入っていたりする商品がたくさん発売されました。

その時流行していた「コラーゲン」と言うフレーズと成分を商品に含ませることで、購入者の「買いたい」と言う気持ちを煽ったのです。

未だに人気があるコラーゲンは、「コラーゲン鍋の素」など「鍋に入れて楽しむことができるもの」としても売られています。

この様に、一度聞いたら忘れず、「どんなものだかがすぐに解るシンプルなネーミング」を考えることが大切。

ネーミングをどうするかで、商品の売れ行きが左右されると言っても過言ではありません。

プロジェクト・ネーミングのつけ方区切り線

プロジェクト・ネーミングのつけ方は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングのつけ方:ネーミングをつけること、プロジェクトに命を吹き込むこと

プロジェクトにネーミングをつけることは、その内容である「商品」に命を吹き込むことと同じ。 ネーミングはプロジェクトの内容を表すもの、そして内容がどんなものかを相手に伝える重要なもの、だからこそ「ネーミ・・・・

ページの先頭へ戻る