プロジェクト・ネーミングのつけ方イメージ

ネーミングつけ方のポイント

とにかくインパクトが大事

ネーミングで大事なポイントと言えば、やはり人々を「おおっ」と言わせる「インパクト」だと思います。

耳障りがよく、人々の関心を惹きつける様な発想があり、それでいて商品の内容を簡潔に説明することができる様な意味もある。

ネーミングはそれほど長いものではありませんが、その中にこれらの意味を入れて作るとなると、やはり相当熟慮して考えなければならないことは間違いないでしょう。

「インパクト」は、ネーミングを構成するものの中でも非常に重要なものであり、また重視しなければならないものではないでしょうか。

世の中にはたくさんの商品が溢れているばかりか、似た様なネーミングもたくさんありますので、それらの中で「いかにインパクトがあり、印象に残るネーミングをつけるのか」が非常に重要になります。

聞いた人が覚えやすく、またそれだけで商品のポイントを簡潔に説明することができるネーミングは、作ることもつけることも非常に難しいもの。

はっきり言えば、ネーミングによってインパクトを与えられ、且つ大衆の心をつかんだ商品と言うのはごくわずかです。

ネーミングは良いけれど味がイマイチで浸透しなかったり、逆に「商品自体は良いけれど、ネーミングがまずくて売れなかったもの」など、バランスが悪くて売れなかったものもたくさんあります。

例えば過去に「甘栗むいちゃいました」と言う商品が女子高生の間で爆発的なヒットとなりましたが、これも「甘栗のあの固い皮をむかなくて良い」という手軽さがネーミングに込められ、興味をそそったから人気が出たのです。

また、甘いけれど内容が「栗」であることで、女性に「なんとなくヘルシーで食べやすい気がする」と言う印象を与えたことも好印象。

こういった「ネーミングに込める意味」と言うのは、その後の商品の売れ行きに少なからず影響します。

だからこそ、ネーミングを決める時は「プロジェクトの内容を端的に表すことができる」「人にインパクトを与え、覚えやすいもの」にしていく必要があるのですね。

プロジェクト・ネーミングのつけ方区切り線

プロジェクト・ネーミングのつけ方は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングのつけ方:ネーミングは象徴でもある

「ネーミングは象徴である」と言うと難しく考えてしまいがちですが、つまりは「一度聞いたら忘れない、印象に残る」「それでいて、プロジェクトの中身がちょっと解る様な感じにする」と言うことです。 例えば、「チ・・・・

ページの先頭へ戻る