プロジェクト・ネーミングのつけ方イメージ

ネーミングを考える時に気をつけたいこと

似た様な名前のネーミングはないか

ネーミングをつける時、まず気にしなければならないのが「似た様なネーミングの商品があるかどうか」と言うことです。

例えばヒット商品があって、それに似た様な商品をつける時は「どこか関連性がある様なネーミングをつける」と言うことがありますが、そうではなく「全く新しい商品を販売する」と言う場合は「被らない様なネーミングをつける」と言うことが重要になります。

ネーミングが被っていると「パクリ」と言う印象がつきやすくなりますし、それが原因で「二番煎じ」と言われてしまう可能性もあります。もちろん、似た様なネーミングにすることでの相乗効果もありますが、それがいつもいい方向に行くとは限りません。似た様なネーミングの商品があるということは「比較される対象にされる」と言うことにもなるわけで、この点がネックにもなります。

それだけならとても美味しいのに、他に似た様なネーミングの商品があることで、「商品価値が落ちてしまう」「他と比較される為に良くない商品だと思われてしまう」と言うことは良くありますよね。

新しい商品を作る時は「他と被らないネーミングをつける」と言うことがとても大事。

商品の可能性を阻まない為にも、ネーミングには最新の注意を払い、「他の何かと被らない名前をつける」と言うことを徹底していきたいものです。

ネーミングは商品の命であり象徴でもありますので、それが他の何かと被ってケチがついてしまう様なことは絶対に避けなければなりません。

「商品の名前が被る」、たったこれだけのことで、人気が出なかったりお店に並ばなかったりする商品もたくさんあるのだという事を、商品を製作する側が知っておかなければならないのです。

事前に被っているネーミングがないかどうかを調べて(商標登録されているものはきちんと調べることができます)、万全の体制でお店に商品を出すことが出来るようにしていきましょう。

ネーミングをつけることは、最後にプロジェクトに命を吹き込む様なことと同じなので、色々なことを考えてつけるべきと思います。

プロジェクト・ネーミングのつけ方区切り線

プロジェクト・ネーミングのつけ方は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングのつけ方:ネーミングが商品の未来を左右する

当たり前の話ですが、商品に付けたネーミングが「商品の売れ行きを左右する」ということは確実。 だからこそ、プロジェクト立ち上げの段階でまず「ネーミング」をどうするのかをしっかり考えなくてはなりません。 ・・・・

ページの先頭へ戻る