プロジェクト・ネーミングのつけ方イメージ

ネーミングはプロジェクトの命

ネーミングは象徴でもある

「ネーミングは象徴である」と言うと難しく考えてしまいがちですが、つまりは「一度聞いたら忘れない、印象に残る」「それでいて、プロジェクトの中身がちょっと解る様な感じにする」と言うことです。

例えば、「チョコボール」と言うお菓子がありますが、これは名前を聞いただけで何となく「丸いもの」「チョコレートでできているもの」と言うことを連想することができますよね。

また、「チョコレートでできたボールみたいなもの」と言う名前から、「どんな形をしているものなのか」と言う興味を惹き、もっと情報が欲しくなります。

こういう「名前を聞いたら、どんなものか詳細を知りたくなる」「中身をみてみたくなる」と言う「ネーミングを聞いた人の興味をそそる」と言うことが重要なのです。

そして、覚えやすいと言うことも非常に大切。

どんな商品でもそうですが、名前が複雑だったり、過剰に長くて覚えにくかったりするものは、人の記憶に残りません。

人の記憶に残らないネーミングのプロジェクトは、いくら中身が良くても覚えてもらいにくいですし、それ以前に手にとってもらえるかどうかも疑問です。

長いネーミングでも「これってどういうものなんだろう?」と興味をもってもらえる様なものなら良いですが、「ただ長い」「プロジェクト内容を羅列して、ただ説明しているだけ」というものだと「自己満足」で終わってしまう可能性もあるのです。

ネーミングは、プロジェクトの象徴です。

それを見て「どんなものかが解る」「イメージを連想することができる」「人の興味をそそる」「手に撮りたくなる」などの効果が期待でき、且つ「そのプロジェクト=そのネーミング」と早くに覚えてもらえる様な工夫が必要なのです。

プロジェクトの中身を充実させることももちろん重要ですが、その象徴となる「ネーミング」の名前をしっかり考えることは、それと同じくらい重要であるということです。

プロジェクトの内容だけでなくネーミングにもこだわること、つまりプロジェクトは、ネーミングもあってこそということですね。

プロジェクト・ネーミングのつけ方区切り線

プロジェクト・ネーミングのつけ方は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングのつけ方:ネーミングは象徴でもある

「ネーミングは象徴である」と言うと難しく考えてしまいがちですが、つまりは「一度聞いたら忘れない、印象に残る」「それでいて、プロジェクトの中身がちょっと解る様な感じにする」と言うことです。 例えば、「チ・・・・

ページの先頭へ戻る