プロジェクト・ネーミングのつけ方イメージ

ネーミングはプロジェクトの命

ネーミングが商品の未来を左右する

当たり前の話ですが、商品に付けたネーミングが「商品の売れ行きを左右する」ということは確実。

だからこそ、プロジェクト立ち上げの段階でまず「ネーミング」をどうするのかをしっかり考えなくてはなりません。

例えば、伊藤園から出ている「お~いお茶」という商品は、発売当初「缶入り煎茶」という名前で販売されましたが、「煎茶」という文字を読めない人が居たことなどからネーミングの変更を迫られ「お~いお茶」となりました。

この商品に関してはCMなど「ネーミング以外の強さ」もヒットを後押しした感がありますが、なんと言っても「親しみやすい」「覚えやすい」と言うネーミングが大衆の心を掴んだのは確実。

この商品は、前に出した「缶入り煎茶」と全く変わらないものであるにも関わらず、ネーミングを変えてから「無料で飲むことができるお茶にお金を出す」と言う文化を日本に定着させるさきがけとなりました。

その後、伊藤園以外の多くの飲料水メーカーが「お茶」をこぞって世の中に送り出すこととなり、今ではコンビニでも自動販売機でも、スーパーでもお茶を売っていることが当たり前になっています。

ネーミングひとつ変えることで、その商品の未来どころか業界の行く末まで変わってしまう…よくも悪くも、ネーミングにはそういう力があります。

また、「写るんです」と言うカメラがありますよね。

これはもともと「レンズ付フィルム」と言う括りで販売されていますが(ちなみに、「カメラ」ではなく「フィルム」と言う扱いにしたのは、「カメラ」だと個人の持ち物と言う感じになる為「フィルム」と言う名前をつけることで「カメラ屋に返す」と言う印象を付けたものと言われています)、名前を「写るんです」と解りやすくすることで、消費者にインパクトを与えました。

その後、店頭で見ない日はないくらいのヒットになったことは言うまでもありません。

ネーミングの付け方により、消費者の関心が惹けるかどうかが決まると言うのはもう当たり前。

プロジェクトの内容と同じ位、ネーミングは非常に重要なのです。

プロジェクト・ネーミングのつけ方区切り線

プロジェクト・ネーミングのつけ方は、ネーミングについて解説しています。

プロジェクト・ネーミングのつけ方:ネーミングが商品の未来を左右する

当たり前の話ですが、商品に付けたネーミングが「商品の売れ行きを左右する」ということは確実。 だからこそ、プロジェクト立ち上げの段階でまず「ネーミング」をどうするのかをしっかり考えなくてはなりません。 ・・・・

ページの先頭へ戻る